骨盤のゆがみを自分で知る方法

2016-04-08

ご自分で骨盤のゆがみを認識するのに解りやすいのは足の開脚テスト(パトリックテスト)です。

 

仰向けに寝て頂いて片方の足を曲げて膝を立てた状態にしてから外側へ開くのです。そこで大腿部や膝の外側が床面に着いて反対側の骨盤が持ち上がらなければ正常ですが大腿部が床面に着かなかったり、着けようとすると開いた足と反対側の骨盤が起き上がろうとすると骨盤の歪みは必ず存在します。

 

060_R

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

骨盤の歪みのサイン

2016-04-08

 

今骨盤のゆがみを抱えている人は大変多いようです。

特別痛みを抱えていなくてもこんな悩みを抱えています。

 

➊ 足が疲れやすい

 

➋ 足がむくむ

 

❸ 足が吊りやすい

 

❹ 膝が痛い

 

❺ 捻挫がなかなか治らない

 

これらの初期症状は骨盤の歪みと深く関わっています。大腿部の筋肉はほとんどが骨盤の中の腸骨(寛骨)付着していて骨盤の歪みから筋肉両端の付着部分の位置が変化すると身体はセンサー(筋紡錘)が働いて身体を守ろうとして筋肉を硬くする性質があるからです。筋肉が硬くなるのはただ疲労ばかりではありません。何故硬くなって痛みへと繋がっていくかが大切です。

 

このセンサーの性質を利用して筋肉の両端を一時的に近づけて緊張を解除する治療法をアメリカのカイロではカウンターストレインと呼んでいます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

足を組む姿勢は骨盤も腰椎もゆがみを作る

2016-04-07

椅子に腰かけて一番悪い姿勢は足を組むことです。

 

私たちは椅子に腰かける時何気なく足を良く組みますが骨盤にとっても腰椎にとってもゆがみを助長します。組む行為は一方の足を他方の足に載せますが股関節は動けますが骨盤(腸骨)は反対側の腸骨より前に出ますから捻れてしまいます。そこでお尻の部分にある仙腸関節が離解し関節内の靭帯を痛めます。さらに腰の骨(腰椎)も後弯と側彎が起こるので腰痛を引き起こす要因にもなりますから危険です。

 

足を組む姿勢図_R

 

正しい姿勢を取りましょう

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

骨盤矯正は腰痛に貢献、口コミの声 46

2016-03-29

カイロプラクティックオフィス白山療術院の口コミ/唐津市【エキテン】-3 <!– –> // // // // //

どこに行っても治らなかった腰痛が3回の治療で良くなりました

仕事で腰を痛め、車の運転もできないくらいでした。整形外科に行ったものの原因がわからず、電気治療もしましたが痛くなる一方。そんな矢先、知人が通っていたのを思いだし、予約もせずに閉店間際に駆け込んだ私でしたが、先生は親切に治療してくれました。あの時は本当に動けなかったので、治療していただき助かりました。体の痛みや歪みの原因を丁寧に教えて頂けるし、足指マッサージは最高です。始めは痛いけど慣れてきたら眠ってしまいそうです(笑)。

コメント

 

背骨・骨盤矯正の効果を挙げるためには骨盤の中の股関節の歪み、仙骨の歪み、腸骨の歪み、腰椎の歪みを何で歪みが発生したのか、いかに正しき検査を行いどのような手法を取って施術を行うかが重要なポイントだと考えます。それには正常な骨格とは何か、異常な歪みは何なのか理解しないと何をされているかさっぱり解りません。初診の問診時に骨格の模型を使い症状が出ている原因、ゆがみの状態を解かりやすく説明しております

 

腸骨の動き_R

仙骨の動き_R

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

足を組む姿勢は骨盤にも腰椎にも影響、口コミの声 45

2016-03-29

カイロプラクティックオフィス白山療術院の口コミ/唐津市【エキテン】-5 <!– –> // // // // //

本当に助かりました

最近何気なく中腰で物を取ろうとしたらぎっくり腰をして立ち座りなど動作を変えるのがつらくて整形でレントゲンを撮りましたが異常が見当らないと言われ電気治療と湿布でしたが楽にならず看板を見てこの院にお世話になりました。どうも骨盤にゆがみがあるらしく、その中でもお尻の所にある関節が原因らしくこんな痛み初めてでした。先生からゆっくり右下のわき腹を緩めてもらいソフトに骨盤を調整してもらったら不思議まっすぐ立てるようになり痛みもかなり取れ2回の治療で収まりました。先生から足を組む癖を指摘され、ほかにもいろいろ問題がある所も教えていただきました。人体模型で良く説明をして頂くのでとてもわかりやすくたいへん参考になりました。先生お世話になりました。

コメント

 

姿勢の中でも足を組むのは良くありません。

❶ 股関節は足を組めるようになっていますが骨盤の中にある仙腸関節は足を組もうとすると腸骨が外側へ引かれる形になり関節面が離解しやすくなります。人は歩く動物ですから関節の動きとして前上方又は後下方へと動きが生理的な動きですが内方や外方への動きは異常な動きで関節面の靭帯を損傷しやすくなるのです。人間はカニ歩きはしませんから。

 

❷ 足を乗せた側の腸骨が前方へと出て来ますので左右の大腰筋の緊張に差が生まれ腰椎を湾曲させるのに繋がります。

 

腸骨の動き_R

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.