足を組むと骨盤は歪みやすい

2016-01-17

腸骨の動き_R

 

私たちは椅子に腰かけるとき何気なく足を組んでしまいますが正しい姿勢でしょうか !

 

 

身体の構造的には股関節が有り片側の足を反対側の足に乗せることは可能ですが骨盤にとっては組むには適していません。

 

人は二本足で歩く動物でありますから図のように仙骨に対して腸骨が前後に動きが生理的な動きですから組むと腸骨は外側へ引っ張られ仙腸関節が離解します。

 

すると関節を支えている靭帯が緊張しぎっくり腰や坐骨神経痛の原因となっていきます。

 

足を組むのは止めましょう  !

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

油(脂質)の取り過ぎに注意しましょう  !

2016-01-12

最近のグルメ志向で脂質の取り過ぎが成人病に深く関わりを持っているのは承知の事実です。特に肝臓、膵臓、脾臓のこれらの臓器には余計な負担がかかっているようです。

 

日頃から毎日ラーメン、てんぷら、肉食を取り過ぎてしまうとこれらの臓器の機能不全が起こりお腹がどんどん張ってしまい骨盤のゆがみにも深く関わっていきます。

 

 

骨盤のゆがみから検証すると

 

❶ 右の腸骨は前方にゆがみます。

 

❷ 左の腸骨は上方にゆがみが起こります。

 

❸ それに伴い仙骨が捻れてきます。

 

 

結果

 

仙腸関節のぎっくり腰、坐骨神経痛、膝痛、下肢痛で悩むことになりますから日頃の食事、それに伴う運動は身体にとって大切です。

 

あなたは大丈夫ですか ?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今年も背骨・骨盤を中心とした情報を発信します。

2016-01-07

新年明けましておめでとうございます。

 

本年も当ブログをよろしくお願い致します。

 

お正月、講読者の皆様食べ過ぎませんでしたか  ?

 

はっきり申せば食べ過ぎてお腹が張れば骨盤は歪みます。

 

それはお腹の圧力が高まり特に右側の張りは左側の張りよりも強くなります。さらにお腹の筋肉(内・外腹斜筋)が緊張し骨盤の中の腸骨(寛骨)を引っ張るため骨盤がねじれますよ。

 

その結果骨盤の中の仙骨や腰椎も歪んでいきます。後ろ側に痛みを感じやすいため、後ろ側ばかりが悪いと思いがちですが原因は前側で作ってます。

 

仰向けに寝て膝を曲げて片方づつ足を開いた時(もう片方の足は伸ばす)に左右同じように開脚した足が床にピタリと着かないのであればあなたの骨盤はすでに歪んでいます。お試しください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.