背骨・骨盤矯正する事にはたいへん重要な意味が隠されています

2016-01-20

 骨盤と頭とは密接な関係が有り、脳と脊髄神経とが硬膜と言うチューブに包まれて神経を保護しています。骨盤や頸椎1番目、2番目のゆがみが膜を緊張させ、さらに神経を緊張させるため身体の各部位の筋肉上のコリや痛み、シビレに深く関わっている事は一般の人には知られてはいない情報です。整体をする意味はあなたの本来持っている自然治癒力を活かすことなのです。

 

 

より詳しい説明を知りたい方は少し難しいですが下記に文面をお読みください。

 

 

 

背骨や骨盤を矯正することは脳が持っている先天的治癒力を100%働かせるようにするためにその通り道である脊柱管の中を走る脊髄神経の流れを良くなすことで健康に導くために必要なことです。

 

 

その脊髄神経を正常に働かせるにはこの神経を硬膜という膜で包みその中を脳脊髄液と言う水が脳から骨盤まで循環して神経に栄養を補給し脳も脊髄も護ることに繋がっているのです。

 

 

より詳しくに申せば脳も脊髄も軟膜、くも膜、硬膜の三層で包んではいますが硬膜が頸椎の1番、2番の骨の内側に強く付着して途中の脊椎にはほとんど着かなく骨盤の仙骨に強く付着しています。

 

骨盤が歪んだり、頸椎の1番、2番の骨が歪むと硬膜が緊張し、さらに脳や脊髄神経を締め付けますから頭痛、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、膝痛など身体のすべて症状に非常に強く影響を与えています。

 

最近脳脊髄液減少症と言う病名が新聞、ニュースで話題になっていますが実際脊柱から漏れもありますが流れも阻害されて骨格上の症状に現れているのが実情ではないでしょうか !

 

アメリカを初め世界ではカイロプラクティックやオステオパシーという手技でする医師がいまして、この硬膜の研究が進んでいますが日本ではテレビもほとんど話題にされることは無いのが実態です。

 

特にカイロプラクティックは骨をボキボキ矯正して怖いイメージが植えつけられていますがそんな矯正法ばかりではありません。他にいろんなテクニックが存在しSOT(仙骨後頭骨テクニック)やAK(アプライドキネシオロジー)、AOT(アトラスオーソゴナールテクニック)、アクティベータメソッド、クラニアル(頭蓋骨調整テクニック)などソフトな矯正法がたくさんあります。

 

 

日本ではカイロプラクティック(整体)は民間療法の位置づけで整体院でも手技のレベルはピンからキリまであり同じような施術をしてくれるとは限りません。基礎が出来ている人そうではない人様々であまりにも個人のレベルの差が大きいのが実情です。

 

整体院を選ぶ目安として施術方針がしっかりしていてそれに伴う変化が確実に起きているかを判断の指針にすべきだと思います。患者さんの病状は様々ですぐに良くなるとは限りません。病状によってどうしても個人差があります。施術はマジックではありませんがマジックのように改善するのも事実です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

腰痛 どうして起こるの ?

2016-01-18

身体に無理な負担をかけていないにもかかわらず腰を痛めています。

 

それは何故でしょうか ! 現代人にとって大きな落とし穴が有ります。

 

交通機関の発達と供に運動する時間が取れずエネルギーの消費カロリーは低く一方では三食に高カロリーのエネルギーを取っていますから

 

(摂取カロリー)-(消費カロリー)= 蓄える脂肪(余分なエネルギー)

 

体重60kg女性 1時間歩行 消費カロリー300キロカロリー

 

メロンパン 1個 420キロカロリー ラーメン 490キロカロリー

 

親子丼 640キロカロリー 

 

するとお腹に脂肪が溜まりお腹はパンパンに張ってきますがそれだけでは済みません。特に脂肪は内臓にも溜まり脂肪肝になったり血管の中もドブ川になります。肝臓の緊張はお腹の筋肉(腹斜筋)を起こし骨盤(腸骨)引っ張り骨盤がゆがんでいきます。

 

骨盤のゆがみは二つの大きな問題が起こります。

 

Ⅰ 左右の大腰筋のバランスが崩れ腰椎の側弯が起こる

 

Ⅱ 仙腸関節がズレ、坐骨神経が緊張する

 

結論

 

内臓が機能低下をするとお腹が張り(腹斜筋の緊張や腹圧)が骨盤の骨を引っ張りゆがみを作り結果身体の後ろ側に痛みが発生することになります。

 

原因は身体の前側、ゆがみの結果(症状)は身体の後ろ側

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

足を組むと骨盤は歪みやすい

2016-01-17

腸骨の動き_R

 

私たちは椅子に腰かけるとき何気なく足を組んでしまいますが正しい姿勢でしょうか !

 

 

身体の構造的には股関節が有り片側の足を反対側の足に乗せることは可能ですが骨盤にとっては組むには適していません。

 

人は二本足で歩く動物でありますから図のように仙骨に対して腸骨が前後に動きが生理的な動きですから組むと腸骨は外側へ引っ張られ仙腸関節が離解します。

 

すると関節を支えている靭帯が緊張しぎっくり腰や坐骨神経痛の原因となっていきます。

 

足を組むのは止めましょう  !

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

油(脂質)の取り過ぎに注意しましょう  !

2016-01-12

最近のグルメ志向で脂質の取り過ぎが成人病に深く関わりを持っているのは承知の事実です。特に肝臓、膵臓、脾臓のこれらの臓器には余計な負担がかかっているようです。

 

日頃から毎日ラーメン、てんぷら、肉食を取り過ぎてしまうとこれらの臓器の機能不全が起こりお腹がどんどん張ってしまい骨盤のゆがみにも深く関わっていきます。

 

 

骨盤のゆがみから検証すると

 

❶ 右の腸骨は前方にゆがみます。

 

❷ 左の腸骨は上方にゆがみが起こります。

 

❸ それに伴い仙骨が捻れてきます。

 

 

結果

 

仙腸関節のぎっくり腰、坐骨神経痛、膝痛、下肢痛で悩むことになりますから日頃の食事、それに伴う運動は身体にとって大切です。

 

あなたは大丈夫ですか ?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今年も背骨・骨盤を中心とした情報を発信します。

2016-01-07

新年明けましておめでとうございます。

 

本年も当ブログをよろしくお願い致します。

 

お正月、講読者の皆様食べ過ぎませんでしたか  ?

 

はっきり申せば食べ過ぎてお腹が張れば骨盤は歪みます。

 

それはお腹の圧力が高まり特に右側の張りは左側の張りよりも強くなります。さらにお腹の筋肉(内・外腹斜筋)が緊張し骨盤の中の腸骨(寛骨)を引っ張るため骨盤がねじれますよ。

 

その結果骨盤の中の仙骨や腰椎も歪んでいきます。後ろ側に痛みを感じやすいため、後ろ側ばかりが悪いと思いがちですが原因は前側で作ってます。

 

仰向けに寝て膝を曲げて片方づつ足を開いた時(もう片方の足は伸ばす)に左右同じように開脚した足が床にピタリと着かないのであればあなたの骨盤はすでに歪んでいます。お試しください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.