鼻づまり・鼻水・副鼻腔炎には顎関節矯正や顔の周り骨の調整すれば改善

2019-08-02

鼻づまり・鼻水・副鼻腔炎など鼻にまつわる病気でお悩みの方も多いようです。

 

その原因で最も考えられるのが顔面の骨の歪みです。顔面には上から前頭骨、鼻骨、篩骨(しこつ),頬骨、蝶形骨、上顎骨、下顎骨などがありこれらの骨が組合わせられて顔を形成しています。一旦これらの骨に歪みが生じて繋ぎ目である縫合に緊張が起こり隙間が狭くなり体液の流れに滞りが発生し鼻が詰まったり、鼻水が副鼻腔に溜まり炎症し鼻痛、頭痛が起こります。

 

その対策に必要なのが顔面の骨の歪みを調整することです。これらの骨の中で最大の歪みが起因しているのがあごの歪みです。頭部の骨の中で一番動いているのが口でありあごであるわけです。顎(あご)関節の歪みは頭蓋骨の歪みに最大限に起因しているのです。治療方法は顎関節の矯正をはじめ顔面の骨の調整することで改善に導きできるのです。鼻の周りのトラブルにお悩みの方は是非試してみて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.