ぎっくり腰は慢性的な骨盤の歪みの結果で起こる

2019-01-08

IMG_0165

 

正月や季節の変わり目にはぎっくり腰の患者さんが増えます。どうしてでしょうか ?その時初めて急に歪みが発生したのでしょうか ?最近の症例を見ると咳をしたり中腰でものを取ろうとして起こる場合がとても多いのです。それはもともと骨盤や腰椎に歪みがあり身体が耐え切れる我慢の限界を超えただけです。人間は恒常的に身体を守ろうと本能が働いていますが腰椎や骨盤に歪みがあると上体の体重を支えられなくて腰椎や骨盤の関節に負荷がかかり関節の靭帯や筋肉に炎症を起こして激しい痛みとなって現れます。人はぎっくり腰になる前に何らかのサイン出していますがほとんどの方は気づきません。足や腰の張り、疲労、足のツッパリなど有りますが歪みが原因だとは思いません。あなたは如何でしょうか ?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.