足を組む姿勢は腰痛を呼び込みます

2018-12-04

腸骨の動き_R

 

人は歩く動物です。歩行では足を上げたり下げたりして上下運動を行いそれに伴い生理的に骨盤は前後に動きます。足を組む姿勢を取ると骨盤の後部は外側に流れ骨盤がねじれた状態になることで歪みを助長します。歪んでいる側の骨盤は組みやすいが反対側の足は組みにくくなります。この状態はすでに骨盤に歪みがあることを意味しています。組みやすい足は楽に組み上げやすいため何度でも繰り返し行いますが一時間も組んだままではおれません。それは悪い姿勢だから骨盤に負担をかけています。やがて身体が我慢の限界点を超えると痛みとなって現れるのです。皆さんこの姿勢を取っていませんか ?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.