足を組むのは骨盤のゆがみを助長します

2016-06-23

椅子に腰かけている時多くの人が足を組む姿勢を取っています。何気ない動作ですがその姿勢が問題がなければ1時間でも組んだまま姿勢を取れる筈ですがすぐ戻すか反対の足を組むかいずれかの動作を繰り返していきます。それがいずれ骨盤に大問題を引き起こします。

 

人間は歩く動物で骨盤にある仙骨と腸骨は前後に、交互に動くのが生理的なを動きです。

 

足を組む動作は例えば左足の上に右足を載せる場合、大腿部の筋肉(大腿四頭筋)骨盤(腸骨)から膝関節の方へ着いていますから組むと股関節は動きますが腸骨が前方に引き出されてしまい、仙骨と腸骨にある靭帯が炎症を起こし捻挫状態を作っていくことになり、ぎっくり腰や坐骨神経痛を起こすきっかけを作ることになるからです。

 

腸骨の動き_R

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.