骨盤は身体の土台

2016-04-12

整体の手法として「身体の下部からアプローチを掛ける方法」と「頭部、上部頸椎を中心からアプローチを掛ける方法」とがあります。前者は身体を構造物として足関節、膝関節、股関節、骨盤と、骨が積み木上に組み合わせてあるのを安定させることは二本足で立っている不安定な身体を最小限の力で立つことが余分な筋肉の緊張を作らないで済むことなのです。

 

ところが後者は脳が本来持っている自然治癒力を最大限に生かすことを治療の目的にしています。どちらの考え方も必要ですが整体の施術を進める上で身体の負担が少ないのは下からの骨盤の方からだと考えます。土台となる骨盤が補正されると身体の上体に出ている症状が軽減していくから頭部のひずみが少なくなります。

 

例えば骨盤を矯正することで肩こりや頭痛が解消された症例がたくさんありますし、下肢への痛みもかなり軽減する場合が多くあります。

 

頭部と骨盤の印し_R

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.