首の骨をボキボキ鳴らすのは危険

2016-04-10

器用に激しく首の骨や腰の骨をボキボキ鳴らす人を見かけますが絶対に危険ですので止めて下さい。この音は関節の関節包に包まれていて内圧が抜けた音で一回鳴らすとしばらくは出ません。特に背骨の骨と骨との間の関節包は神経根が出ていて鳴らすことで圧力が下がると神経の流れが良くなりスーとした気持ちいい感じになりコリや痛みが取れたような錯覚を覚えます。しかし椎間板は上下の圧力には強いですが回転方向には捻ると極端に強度が落ち椎間板の繊維輪を損傷していき、最悪の場合擦れてなくなるケースがあるからです。

 

25年以上前内科で外来の整体を受けた時50代の女性の患者さんが両手両足にシビレ、頭痛、不眠の症状を訴えてレントゲンを撮って診ると頸椎の骨が重なって椎間板の隙間がまったく見られず無くなっていることでした。どうしたのか問うて見ると「肩こりがするから首をボキボキすると気持ちよく楽になるから」と長年続けていたそうです。椎間板が無くなってしまっている為神経根、脊髄神経までも常時圧迫を受けていて全身に症状が出てしまい取り返しのつかない状況に陥ってしまった症例を診た時背骨に関してはボキボキ鳴らすことが如何に危険な行為か学ばせて頂きました。

 

自分は器用だから骨をボキボキ鳴らすのを得意と自負されている方、危険ですから止めて下さい。自分では正しく矯正は出来ません。骨の歪みを正しく矯正できる方に依頼してください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.