背骨・骨盤矯正する事にはたいへん重要な意味が隠されています

2016-01-20

 骨盤と頭とは密接な関係が有り、脳と脊髄神経とが硬膜と言うチューブに包まれて神経を保護しています。骨盤や頸椎1番目、2番目のゆがみが膜を緊張させ、さらに神経を緊張させるため身体の各部位の筋肉上のコリや痛み、シビレに深く関わっている事は一般の人には知られてはいない情報です。整体をする意味はあなたの本来持っている自然治癒力を活かすことなのです。

 

 

より詳しい説明を知りたい方は少し難しいですが下記に文面をお読みください。

 

 

 

背骨や骨盤を矯正することは脳が持っている先天的治癒力を100%働かせるようにするためにその通り道である脊柱管の中を走る脊髄神経の流れを良くなすことで健康に導くために必要なことです。

 

 

その脊髄神経を正常に働かせるにはこの神経を硬膜という膜で包みその中を脳脊髄液と言う水が脳から骨盤まで循環して神経に栄養を補給し脳も脊髄も護ることに繋がっているのです。

 

 

より詳しくに申せば脳も脊髄も軟膜、くも膜、硬膜の三層で包んではいますが硬膜が頸椎の1番、2番の骨の内側に強く付着して途中の脊椎にはほとんど着かなく骨盤の仙骨に強く付着しています。

 

骨盤が歪んだり、頸椎の1番、2番の骨が歪むと硬膜が緊張し、さらに脳や脊髄神経を締め付けますから頭痛、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、膝痛など身体のすべて症状に非常に強く影響を与えています。

 

最近脳脊髄液減少症と言う病名が新聞、ニュースで話題になっていますが実際脊柱から漏れもありますが流れも阻害されて骨格上の症状に現れているのが実情ではないでしょうか !

 

アメリカを初め世界ではカイロプラクティックやオステオパシーという手技でする医師がいまして、この硬膜の研究が進んでいますが日本ではテレビもほとんど話題にされることは無いのが実態です。

 

特にカイロプラクティックは骨をボキボキ矯正して怖いイメージが植えつけられていますがそんな矯正法ばかりではありません。他にいろんなテクニックが存在しSOT(仙骨後頭骨テクニック)やAK(アプライドキネシオロジー)、AOT(アトラスオーソゴナールテクニック)、アクティベータメソッド、クラニアル(頭蓋骨調整テクニック)などソフトな矯正法がたくさんあります。

 

 

日本ではカイロプラクティック(整体)は民間療法の位置づけで整体院でも手技のレベルはピンからキリまであり同じような施術をしてくれるとは限りません。基礎が出来ている人そうではない人様々であまりにも個人のレベルの差が大きいのが実情です。

 

整体院を選ぶ目安として施術方針がしっかりしていてそれに伴う変化が確実に起きているかを判断の指針にすべきだと思います。患者さんの病状は様々ですぐに良くなるとは限りません。病状によってどうしても個人差があります。施術はマジックではありませんがマジックのように改善するのも事実です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.