腰や首の痛みには背骨の適度な生理的な湾曲が必要

2015-12-15

生理的な湾曲_R

腰痛や首の痛み・肩こりには生理的な適度な湾曲が必要になります。

 

人間は二本足で歩く動物です。重たい内臓は身体の中心から前側にあり背骨は後方に位置しています。より最小限の力で身体を支えるには首の骨は適度な前弯、背中は適度な後弯、腰は適度な前弯、仙骨は適度な後弯になる必要があるのです。この適度さが重要です。

 

 

この適度な湾曲が失われると筋肉上にストレスが起こりコリや痛みを感じやすくなります。

 

 

❶ 身体の側面上で生理的湾曲がなくなるとつまり背骨が真っ直ぐなるために首では頭の重みを支えるのに首の骨には掛からず常に首の筋肉群が緊張し支えるので疲労が重なりコリや痛みにつながるからです。長く腰かけて下向きに頭を下げて長時間仕事をなされる方には生理的な湾曲が有るか無いかはコリや痛みには大きな影響を与えます。後頭部には緊張性頭痛が起こり易くなります

 

 

❷ 逆に生理的な湾曲が強くなり過前弯になると骨と骨の間から出ている神経を圧迫することになり首であれば腕に、腰であれば足の方へシビレや痛みが発生しやすくなります。いわゆる神経痛が起こります。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.