膝痛でお悩みの方へ、骨盤と膝との関わりが重要

2015-12-07

膝の痛みの分布図_R

このサイトを御覧になっている方は膝の痛みに悩んでおられるかもしませんね。

膝治療に参考にして頂ければ幸いです。

 

膝の問題を考えるポイントを述べてみましょう。膝は大腿骨と脛骨と半月板とで構成される単純な関節ですが不安定で骨盤と足関節から強く影響が受けやすい関節でもあります。膝ばかり治療しても治る本質から外れている場合が多いものです。問題点を整理すると下記に示すように分けて考えた方が良いようです。

 

❶ 大腿部の筋肉や腱の緊張から起因する痛み

 

❷ ショックを和らげる半月板がズレ痛みを起こすケース

 

❸ 膝関節自体がズレて緊張して痛みを起こすケース

 

❹ 内側・外側側副靭帯や前後の十字靭帯を損傷による痛み

 

❺ 慢性化し関節面自体が剥離したりして炎症を起こして水が溜まり変形が起こるケース

 

特に❶と❷の場合は骨盤を矯正を施して大腿部や後大腿部(ハムストリングス筋)緊張を解除してあげた方が痛みが軽減しやすい、あくまでも膝に着いている筋肉は骨盤から来ているものだから。

 

❸の場合は大腿骨と脛骨と間で前後のゆがみなのか、回転のゆがみなのか、O脚やX脚のような傾きのゆがみが発生しているかを見極めて施術にあたる必要性が有ります。

 

❹ 靭帯が断裂が起こっている場合は手術が必要になる場合や靭帯が伸びている場合は固定しながらリハビリをして靭帯を強化する必要性があります。

 

❺ 慢性化すると関節面の軟骨が剥離して変形性膝関節症に移行していくと炎症が起き水が溜まっていくようになります。ヒアルロン酸を入れて軟骨を修復するか状況が最悪の場合人工関節を入れる必要が出て来ます。  

 

上記に示したいずれかの問題に分けて考えないと治療の方向性が診えてこないように思えます。膝の痛みも骨盤や足関節の影響で結果として起こっていることなのです。

膝にきている筋肉は骨盤に付いています。どの視点で治療の方向性を示せるかが治るポイントです。

 

膝の動きの図_R

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.