コーヒーを飲み過ぎると必ずしも身体に良いとは限らない

2015-11-30

本当にコーヒーは身体にいいですか ?胃には良くないみたい

 

最近NHK「ためしてガッテン」でコーヒーについての番組がありました。その中でコーヒーはコレステロール値を下げる効果があり心臓にいいとの内容を述べていました。その時の表では1日3~4杯までは順調に下がるが5~6杯以上飲むと逆にコレステロール値が急上昇してました。

 

コーヒーはブームもあり香りもあり様々な品目があり美味しく楽しめます。今、一日に5~6杯以上飲まれる方の胃の悪い方が多いようです。まだはっきりした原因は判らないですが来院される方で首の痛み、肩こり、疲れやすいとの症状を訴える人で一日何倍も飲まれる方が多いのも事実で

 

臨床例 1 30代男性 元理学療法士

 

この方は頸部の左前部がいつも張りが首の骨を調整するも症状が取れるも何度もずれてくるので問い質すと毎日缶コーヒーを6~7本飲むとのことでいつも胃の反応がよくないので胃のツボを何回か施術してからは症状が出なくなりました。本人もコーヒーを控えて頂きほとんどその症状は無くなりました。

 

臨床例 2 60代男性  専業農家

 

腰痛と左肩こりで来院、特に唇が荒れて口角炎が起こるそうです。この方も首が左前方に回転してて左側を向きにくいとのことでした。一日コーヒーを何杯も飲む方で胃の状態が良くないので控えるように提案したところ、唇の両端が切れて荒れるのが無くなりましたとの返事を頂きました。

 

臨床例 3 70代女性 主婦

 

左坐骨神経痛、頭痛、不眠、むくみ、慢性疲労で来院、特に病院のエコー検査で脾臓が腫れているとの事、この方は何度も骨盤矯正や頸椎の施術をするも良くなってはまた調子が悪くなるの繰り返しでいつも疑問に思っていたところ、たまたま待合室でコーヒーを飲んでいたので問い正すと好きで一日何杯も飲むとの事、胃のエネルギーがとても落ちていて副腎も弱くなっているようですから。そこでコーヒーは控えて頂き施術もスムーズに進み他の症状も順調に回復していっています

 

所属している創術協会の初代の会長は眠気覚ましにコーヒーを良く飲んで夜勉強していたようですが42歳の若さで胃がんで亡くなりました。最近では近所の60代男性が吐血したので検査したら胃がんが見つかり胃の全摘出手術を受け、担当医から「君はお茶の飲むのそれともコーヒー飲むの」と質問を受け毎日コーヒーを何倍にも飲むと返事をしたそうです。医学的にその因果関係は判りませんが飲み過ぎると胃の環境には良くないようですね。東洋医学の佐藤久三先生の本によると胃に障害があると副腎の機能が低下することを著書の中で書いてありますから極端な疲労にも関係があるようです。

 

コーヒーの飲み過ぎに注意しましょう。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カイロプラクティックオフィス 白山療術院
住所:佐賀県唐津市和
多田大土井2-71横内ビル1F
TEL:0955-74-5792
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Copyright(c) 白山僚術術院 All Rights Reserved.